Home
リフォームストーリー
  • 11コンサルティング
  • 5characteristics(特長)
  • Product(リフォームプロセス)
  • 築10〜15年前後のステージ
テーマは「経年変化と家族の成長」
  • 築15〜20年前後のステージ
テーマは「ライフステージに合わせた暮らし方」
  • 築25〜35年前後のステージ
テーマは「家族に合わせた快適性と終の棲家」
リフォーム ア・ラ・カルト
  • 屋根工事
  • 外壁工事
  • バルコニー防水・シャッター雨戸工事
  • サッシ・ガラス・玄関ドア交換工事
  • 省エネ・断熱化工事
  • 耐震リフォーム
  • バリアフリー・高齢者対応リフォーム
  • 内装リフォーム
  • システムキッチン工事
  • 洗面化粧台・トイレ・浴室工事
  • 高効率給湯器工事
  • 太陽光発電システム
  • オール電化設備工事
  • 床暖房工事
  • 外構・エクステリア工事
  • メディカルフォーム
  • 資産活用リフォーム
  • 戸建リフォーム
  • マンションリフォーム

1995ご入居〜2000ご入居
築10〜15年前後のステージ
テーマは「経年変化と家族の成長」

築10年〜15年にかけては、住まいの各部位のメンテナンスが必要です。また、最新の水廻り機器が気になったり、お子様も成長されて独立した世界を求めるようになる時期です。この時期にはメンテナンス工事とともにこれからの暮らしと快適性を点検されてみてはいかがでしょう。

  • 水廻り・設備機器リフォーム

    独立型キッチンの間仕切壁を撤去し、オープンスタイルのキッチンへリフォーム。家族団欒の食事空間として、さらにホームパーティを楽しむ空間としても大活躍です。
  • 子供が思春期を迎えて子供部屋リフォーム

    子供部屋のリフォームで大切なのは、それぞれの趣味や個性を活かした部屋にしてあげること。兄弟姉妹がいる場合は、広さは同じ、平等な環境の個室にするのも大切です。

  • ↑下がり天井はカウンターとラインを揃えてアクセントに。

  • ↑ダイニング・キッチンの3枚引戸をオープンにすれば、リビングと一体の空間に。

※築年数表記は2010年現在です。

住まいのメンテナンス
ー美観を保つために必要な10年毎の点検ー

建物は絶えず自然の風雨にさらされ、夏冬の温度差や太陽からの紫外線も受け、経年による劣化や汚れ・腐蝕等がお手入れしていても生じてきます。愛着あるお住まいで永く安心して住み継ぐために定期的な※メンテナンスはかかせません。 
※10年毎が目安です。

出産や子どもの成長
高齢者が暮らしやすい
好みの間取りやインテリア
収納の不足
間取りや水廻りの使い勝手
設備や機器のグレードアップ
構造・内装・設備等の老朽・劣化
住み続けるため
耐震性能を高める
省エネルギー性能を高める

リフォームの動機ベスト10

リフォームの実施を決定する動機は老朽化や劣化への対応が多いですが、高齢化に伴う間取り変更などもあります。また、設備機器のグレードアップなど快適さや暮らしやすさをご希望されるお客さま、さらに耐震性能の向上や省エネ化など性能向上への 意識も高まっています。

※ 一般社団法人 住宅リフォーム推進協議会「平成20年度インターネットによる
住宅リフォーム潜在需要者の意識と行動に関する調査」より抜粋(N=636)