Home
リフォームストーリー
  • 11コンサルティング
  • 5characteristics(特長)
  • Product(リフォームプロセス)
  • 築10〜15年前後のステージ
テーマは「経年変化と家族の成長」
  • 築15〜20年前後のステージ
テーマは「ライフステージに合わせた暮らし方」
  • 築25〜35年前後のステージ
テーマは「家族に合わせた快適性と終の棲家」
リフォーム ア・ラ・カルト
  • 屋根工事
  • 外壁工事
  • バルコニー防水・シャッター雨戸工事
  • サッシ・ガラス・玄関ドア交換工事
  • 省エネ・断熱化工事
  • 耐震リフォーム
  • バリアフリー・高齢者対応リフォーム
  • 内装リフォーム
  • システムキッチン工事
  • 洗面化粧台・トイレ・浴室工事
  • 高効率給湯器工事
  • 太陽光発電システム
  • オール電化設備工事
  • 床暖房工事
  • 外構・エクステリア工事
  • メディカルフォーム
  • 資産活用リフォーム
  • 戸建リフォーム
  • マンションリフォーム

[ 内装リフォーム ]
壁・天井クロスを張り替えるだけで、インテリアイメージも気分も一新

床・壁・天井等の内装材は、インテリアのイメージを決める大切な要素です。素材、デザイン、カラーに加え、ノンホルムアルデヒド、調湿機能等、お客様の求める内装材でインテリアイメージを一新します。

  1. 壁・天井クロスの張り替え

    壁紙の汚れが目立ってきたり、はがれてきたら、部分張り替えよりも壁全体を張り替えた方が、手間が省け、コストも安くなります。シックハウス症候群対策として、ノンホルムアルデヒドのクロスや自然素材の漆喰や珪藻土の塗り壁もお勧めです。
  2. 呼吸する壁装材「エコカラット」

    「エコカラット」は、粘土鉱物等の微細な孔を持つ原料を焼成した内装壁材。室内の湿度が高くなると湿気を吸収して湿度を下げ、逆に湿度が低くなると湿気を放出して潤いを与えます。
  3. 床材の交換

    毎日歩いたり座ったりと直接肌がふれることも多いので、選ぶ素材によって居心地も大きく変わってきます。お部屋の用途や、ライフスタイル、インテリア等に合わせて選びましょう。
■壁装材の特徴
壁紙・クロス ビニル、紙、織物等、多彩な種類があります。施工が容易でデザイン、柄ともに多彩 なバリエーションがあります。
タイル 耐久性や耐火性、耐水性に優れたタイルは、水回りによく使われる壁装材です。
塗り壁 左官職人がコテ塗りをする工法です。セメントモルタルや繊維壁等の種類があります。
塗装 壁の表面を保護し、カラフルな色調も可能です。耐候性や耐水性等に優れた塗料もあります。
木質系 自然の温もりを感じられる壁材です。天然木のままでは狂いが生じやすいため、ほとんどの場合、合板が使用されています。
■床材の特徴
フローリング 基材である合板に薄い天然木の表面材を張ったものと、天然木をそのまま使用したムク材のものがあります。
一般的な畳のほか、縁なし畳、カラー畳、芯材にクッション材を使用した薄畳等もあります。
クッションフロア トイレや洗面室等で採用されることが多い素材です。耐水性に優れ、汚れが落ちやすく、適度な弾力性もあります。
石・タイル 外廻りや玄関に用いられることが多いですが、内装では浴室、トイレ等でよく使われます。床暖房を施すことも可能です。
カーペット 保温性や吸音性に優れた素材です。踏み心地が柔らかく温かみがあります。ナイロンやアクリル等の合成繊維は防カビ・防虫性に優れています。
コルク 適度なクッション性と遮音性、保温性があり、肌ざわりが良いことも特徴のひとつで す。

インテリアのアクセントとなる造作材

造作材とは、建築物内部の仕上材として使われる部材の総称で、洋室の廻縁、ケーシング、笠木や、和室の敷居、鴨居、長押等を言います。インテリアのアクセントだけではなく、クロスのはがれを防いだり、壁面を保護する機能を有します。


  • 廻縁
    天井面と壁面を見切る化粧材です。

  • ケーシング
    ドアなどの開口枠に取り付ける化粧材です。巾の広さと形状が意匠上の重要なポイントです。

  • 巾木
    壁面と床面を見切る化粧材です。インテリア性を高め、掃除機等から壁面を保護します。