Home
リフォームストーリー
  • 11コンサルティング
  • 5characteristics(特長)
  • Product(リフォームプロセス)
  • 築10〜15年前後のステージ
テーマは「経年変化と家族の成長」
  • 築15〜20年前後のステージ
テーマは「ライフステージに合わせた暮らし方」
  • 築25〜35年前後のステージ
テーマは「家族に合わせた快適性と終の棲家」
リフォーム ア・ラ・カルト
  • 屋根工事
  • 外壁工事
  • バルコニー防水・シャッター雨戸工事
  • サッシ・ガラス・玄関ドア交換工事
  • 省エネ・断熱化工事
  • 耐震リフォーム
  • バリアフリー・高齢者対応リフォーム
  • 内装リフォーム
  • システムキッチン工事
  • 洗面化粧台・トイレ・浴室工事
  • 高効率給湯器工事
  • 太陽光発電システム
  • オール電化設備工事
  • 床暖房工事
  • 外構・エクステリア工事
  • メディカルフォーム
  • 資産活用リフォーム
  • 戸建リフォーム
  • マンションリフォーム

[ 省エネ・断熱化工事 ]
断熱性を向上し、快適でエコロジーなライフスタイルを実現

快適に暮らしつつ、CO2削減に協力できる暮らし方が住まいのトレンドです。光熱費を抑え、住む人にも、家計にも、地球環境にもやさしい「省エネ・断熱化リフォーム」をお勧めします。

  1. エコガラス(Low-E複層ガラス)

    従来の単板ガラスでは熱の出入りを防げず、結露の原因にもなります。遮熱・高断熱 のLow-E複層ガラスは、従来の開口部の約2倍の断熱性を実現します。リフォーム方法 には、既存サッシのガラスのみを交換する方法とサッシごと交換する方法があります。
  2. 小屋裏高性能エコ断熱材

    環境にやさしく、呼吸する断熱材を小屋裏に吹き付けます。天井裏に断熱材を敷き詰 めるより、高い断熱効果が得られます。屋根材に塗装する遮熱塗料も効果があります。
  3. 外壁断熱材

    外壁に断熱材を施工するには、室内側の内装材をはがして施工する方法と、外壁材を はがして施工する方法があります。室内の模様替えや外壁のリフォームと同時の施工 をお勧めします。
  4. 床下断熱材

    省エネ基準(昭和56年)以前の住宅には、ほとんど床下に断熱材が使用されていません。 床下に断熱材(グラスウール)を敷き込めば、足元からの寒さが解消できます。
  5. 同時に実施したいリフォーム
バリアフリー工事 住まい全体の断熱性能を高め、家全体を一定の温度で保ち、居室間の温度差をなくすことを「温熱バリアフリー化」と言います。断熱化リフォームと同時に住まい全体のバリアフリー化も検討しませんか?

Q値(熱損失係数)とK値(熱貫流率)

熱損失係数(Q値):W/m2K(kcal/m2K)
室内外の温度差が1℃あった時に、建物内部から外界へ逃げる時間あたりの熱量を床面 積で割った値。建物(屋根、外壁、1階床、開口部他を含む)1棟としてどれくらいの断 熱性を持っているかを示します。間取りにより異なりますが、各部位の熱貫流率が低 く、気密性が高く、換気回数が少ない建物は、Q値が低く、断熱性能が高いと言えます。
熱貫流率(K値):W/m2K(kcal/m2K)
熱が壁等を通して温度の高い空間から低い空間へ伝わる時の伝わりやすさを示した数値。室内と外気の温度差が1℃ある場合、1m2あたりでどの程度の熱が逃げるかを表わしています。異なる材質の組み合わせ(例:サッシ=ガラス+枠材)によるトータルの性能を 示します。この数値が小さいほど断熱性能が高いと言えます。